NATURE, ONSEN, MUSIC, & US

UNZEN SANKAKU FES. 2018

on satday, 11 August 2018 !!

長崎県 雲仙市 白雲の池キャンプ場

チケット販売準備中

ご予約はお早めに!!

明治時代より愛された雲仙の避暑地を復活!
“自然×温泉×音楽”の地域活性型の夏フェス「UNZEN△FES.2018」

温泉地として知られる長崎県雲仙市。明治初期より自然と人が共生する避暑地として、多くの人々に愛されていました。そんな風景を復活させたい。その思いから、自然・温泉・音楽そして人が織りなす野外フェスを、8月11日に開催します。

EVENT WILL START IN

  • 00

    days

  • 00

    hours

  • 00

    minutes

  • 00

    seconds

Add to My Calendar 2018-08-11 09:00:00 2018-08-11 18:00:00 japan 雲仙▲フェス 自然×温泉×音楽”の地域活性型の夏フェス「UNZEN△FES.2018」 温泉地として知られる長崎県雲仙市。明治初期より自然と人が共生する避暑地として、多くの人々に愛されていました。そんな風景を復活させたい。その思いから、自然・温泉・音楽そして人が織りなす野外フェスを、8月11日に開催します。 長崎市雲仙市雲仙白雲の池 CTHthemes unzen.sankaku.fes@gmail.com
クラウドファンディングのお願い&前回の楽しい様子のご紹介

on 5月 15 2018

Read More

クラウドファンディングのお願い

on 5月 15 2018

Read More

クラウドファンディングのお願い&前回の楽しい様子のご紹介

on 5月 10 2018

Read More

Please cooperate with Cloud Funding

MUSIC PERFORMERS

 

NATSUKI

Artist

Biography

 

和道・深江太鼓

Artist

Biography

 

マロマロず

Artist

Biography

てつ(G&Vo)
えいしん(Uk&Vo)
泡太郎(スケ〇いす)
ぬる湯(ピアニカ)

長崎県平戸市を拠点に活動するアコースティック島系バンド
ギター&ボーカルてつ、ウクレレ&ボーカルえいしん、スケ〇いす泡太郎の同級生3人で2016年に結成。現在はピアニカぬる湯をメンバーに迎え四人体制。
日本の西の果てからマロマロサウンドをお届けします♪

 

DJ Kenji Hasegawa

Artist

Biography

Kenji Hasegawa(gallery) プロフィール 1990年、仲間達と代々木公園で開催した野外パーティー”yoyogi friendship project”においてDJとしての活動を始める。以来、 現在に至るまで20年以上にわたり、DJ/選曲家/パー ティー・オーガナイザーとして活動中。今年で17周年を迎えた人気 のサンデーアフタヌーンパーティー、~Sunday Afternoon Session~ “gallery”のレジデントDJであり代表者。 95年にロンドンの人気レコードショップ「ミスター・ボンゴ」の東京 ショップを仲間と共に渋谷に開店し、同店長を務める。99年から はエイベックスにて4年間クラブミュージック/ダンスミュー ジック部門のA&Rディレクターを務める。2003年より、フ リーランスとしてDJ、A&Rディレクター、音楽ライター、 ラジオ番組の選曲、ファッション関係イベントの選曲、ホテル・ニュー オータニのナイトタイム・プールのDJ企画などをおこなってきた。 2010年に西麻布にオープンしたライブハウス&シアター「音楽実 験室 新世界」に店長としてオープンより2014年4月 まで着任。 2015年2月より、株式会社ローソンHMVエンタテイメントに入社。 アナログ盤専門店HMVrecordshop渋谷のスタッフとして勤務し、 DJとしての活動とともに音楽伝播活動をしている。

 

VELOCITYUT

Artist

Biography

1993 年長崎にて結成。

BAS+GTR+DRM+DRM+ECSによる5ピース。レーベル/ディストロ、ライヴイベント ELECTLOCALを主宰。日本国内はもちろん、海外からも数々のアーティストを招聘。長崎の僻地をダイレクトに世界へと繋げています。突如暴発したよ うに始まり、あっという間に終わるライヴ。

ほ んの数十秒、場合によっては数秒の間に繰り広げられる変展開の連鎖反応とノイズの渦。それが始まる前の、異様な興奮と収束後の恍惚感。ハードコア/パン ク、アヴァンギャルド/ノイズ~NoWaveからエレクトロ~ブレイクコアに雅楽や民族音楽等々あらゆる要素が重なり合い、極度に実験的でプログレッシブ であり、また同時に極度に衝撃的で衝動的であるという、他に例えようが無い全く独自の音楽性を有します。

 

BAN’S ENCOUNTER

Artist

Biography

今年もUNZEN△FES.に地元雲仙発のスリーピースロックバンドが登場!

2012 年3月 活動開始。
2012 年9月 自主製作盤「SAILANE」 発売。
2012 年9月 九州ツアー、同年11月には初の本州ツアーを決行。
2013 年3月 九州、本州ともに14 箇所を巡る
「ぼくらの遭遇ツアー」を決行。
2013年から定期的に開催している自主企画
【 CHAMPON Fes.】も着実に動員を増やす。
2014年1月 自主製作盤「水平線」を発売。
「ぼくらの遭遇ツアー2」を決行。
3月22日には、初となるワンマンライブを開催。
5月21日 THE NINTH APOLLO [V.A In The Stage3]に参加。
5月29日 水蘆CHAINSAW Bass が脱退。

サポートを迎え新たな活動を始める。
8月10日 毎年夏に企画している屋内フェス、
CHAMPON Fes.2014を開催。大盛況に終わる。
同年、オーディションから出演権を勝ち取り、
残響祭2014福岡編への出演を果たした。

8月には恒例になったCHAMPON Fes2015を開催し、
全11バンドを全国から長崎へ招き事実上のソールドアウトを果たした。

SHANK主催の「BLAZE UP NAGASAKI」では
メインステージに出演し、MC内容がナタリーにも掲載された。
同年11月に東京下北沢でおこなわれた、
THEラブ人間pre.サーキットフェス「下北沢にて‘2015」では
無名ながら写真付きでナタリーに掲載され、こちらも話題となった。

2016年1月にはサポートメンバーであった吉井拓也(Bass)が
正式加入を発表。
同時に新しい2年ぶりとなる「夜明け前」を発表。
同年8月には毎年開催している「CHAMPON Fes.2016」開催。
この日を持って約2年間supportを経てメンバー加入した
吉井拓也が諸事情により脱退を発表。
その後も留まる事なくsupportでの活動を開始。
2016年年末までコンスタントにライブ活動を行う。

2017年10月NINTH APOLLO所属。
翌月11月サポートメンバーであった島津一槻(Bass)が
正式加入を発表。

2018年1月に初となる全国流通盤1st album「YOU‘s」を発売。

聴くひとの心の内側に衝撃を。
こころ揺さぶる感動系スリーピースロックバンド。

 

ALBRGHIT KNOT

Artist

Biography

長崎発、日本語メロディックバンドとして誰かに問いかけるような、自分自身に言い聞かせるような、過去と現在そして未来を綴る直球な歌詞と、時に切なく時にエネルギッシュにと感情のように上下を行き来する極上の”グッとくるグッドメロディ”と生でしか味わえないアグレッシブで魅入ってしまうライブを武器に2014夏より活動開始。

2014年6月、活動開始と共に1st DEMO発売
2015年1月、無料音源の配布ツアーを1ヶ月で約20本行う
同年9月、ギター鈴川加入
同年11月、2nd DEMO発売
2016年、SUMMER SONIC 2016出演
同年11月、ドラム前田が加入
2017年2月、音源などのリリースツアーではない、ライブツアー「CATCH AND RELEASE TOUR 2017」を行う

 

MORE THE MAN

Artist

Biography

冷牟田竜之(ex 東京スカパラダイスオーケストラ)が2016年3月31日に立ち上げた新バンド。20代のメンバーを従え、スペシャルズの1st/2ndを連想させるバンド名で、神出鬼没、ライブ・シーンに殴り込みをかける。ファースト・アルバム『Reaper』には、激しくもクールなオリジナル楽曲群、「傷だらけの天使」や「James Bond Theme」「ルパン三世」などのカバーも収録。スカパラ在籍時から一貫して追い求めてきた、ロック/ス カ/ジャズのもっともヒリついた部分を抽出してミクスチャーしたサウンド。
2017年のフジロックでは元晴(ex SOIL &”PIMP”SESSIONS)加入が決定!スペシャルなステージで荒れ狂う姿を各地で展開!
2018年2月よりOhyama”B.M.W”Wataru (ex PE’Z)がtpとしてサポートメンバーで参加。

クールでスリリングな音を追いSKA(ダンスミュージック)をアップデートし続ける。

2018年6月29日
現メンバーとしては初のミニアルバム 「Eyes Wide Shut」配信リリース開始決定。

 

Member 

冷牟田竜之 (asajitate)

Ohyama”B.M.W”Wataru (tp)

元晴 (sax)

小池隼人 (tb)

只熊良介 (dr)

梅田誠志 (b)

丸山力巨 (g)

片岡大揮 (key)

コイケハヤト 1983.9.11

 タダクマ リョウスケ 1980.7.22

 ウメダ マサシ 1977.06.13

 マルヤマ チカオ 1980.06.04

 カタオカ ダイキ 1985.11.24

 モトハル 1973.06.29

 オオヤマ ワタル 1975.11.06

 ヒヤムタ タツユキ 1962.02.14

 

DJ MARK

MC

Biography

長崎県民のお耳の友達!FM長崎の人気パーソナリティがUNZEN△FES.の総合司会として登場!心地よい声色に素敵な空間が広がること間違いなし!
波佐見町出身。
2002年よりラジオDJとしてFM長崎の番組に出演。
現在はSpicy voxx / FMヒットパレードを担当。
音楽、温泉、お酒、そして家族を愛する38歳。
島原半島の人、文化、景色、食事も大好きで頻繁に出没します。

THE SCHEDULE

Event schedule Coming soon!!

by 近日公開いたします。

09:00 AM

WHAT TO EXPECT

One great day
これまでになかった、贅沢な野外フェス!!​
自然・温泉・音楽そして人が織りなす最高の空間を
お楽しみください
Workshops
けん玉や楽器のワークショップなど、大人も子供楽しめるプログラムとなっております。ネイチャークラフトなど夏休みの宿題にもピッタリです!
Marché
島原半島内のこだわりのフードと雑貨が集結。40店舗以上の出店で一日中楽しめること間違いなし!
ここでしか買えないオリジナル商品も人気です!
Activities
雲仙の壮大な自然を遊び尽くせ!ツリークライムやノルディックウォーキングなどのプログラムから、ヨガなど心も綺麗になるプログラムもあり、大人も子供も楽しめます!

WHAT PEOPLE SAYS

They love it. Read what the previous attendees had to say!

Camp information

キャンプ情報
宿泊1名様 500円/1泊

■ 貸用品

  • 貸しテント(5人用)28張 (1泊につき)3,000円
  • 毛布1枚(1日):200円
  • 飯盒1個(1日):100円
  • なべ1個(1日):100円
  • 薪1束 300円 (販売)

※貸しテントは幅2.7m×奥行2.7m×高さ1.7mです。大人2人で10分程度で設営できます。お客様各自でお張り下さい。

  • 指定された区域以外での野営はできません。
  • 焚き火や直火は禁止しております。
  • 国立公園内ですので、植物・昆虫・野鳥の捕獲採集はできません。
  • テントサイトエリアでは、タープ・パラソル等の使用は可能ですが、周辺の方を考えて最小限のスペースで利用して下さい。
  • 天候の急変には十分にご注意いただき、防水、戸締まり、テントのペグダウン等、しっかりご確認ください。
  • テント設営に使用したペグや杭は必ず回収して下さい。
  • お持ち込みの食材、資材等のキャンプの際に出るゴミは必ずお持ち帰りください。
  • キャンプサイトエリアでの喫煙は、マナーを守り各自の管理でお願い致します。
  • 日没後はたいへん暗く、すべての作業が困難となります。忘れ物の防止のためにも、テントの撤去作業は、各日17時までには終えられるよう余裕を持って片づけ始めて下さい。

■ 駐車場情報 : 500円/1日 フェス特設第1~3駐車場 ​※3箇所あります。

TICKET PASS PRICING

Choose your favorite pass for the event.

入場チケット
3,000
  • 当日券4,000円
  • 会場使用500円クーポン(中高生以上)
  • 中高生 2,500円
  • 小学生以下無料
  • _

前売り券販売準備中

温泉入り放題付き!チケット
4,000
  • 当日券5,000円
  • 会場使用500円クーポン(中高生以上)
  • 中高生3,500円
  • 小学生以下無料
  • 温泉に入り放題

前売り券販売準備中

※チケットのご購入・会場へのご来場にあたって下記イベントルール(注意事項)にご同意をお願いします。

Frequently Asked Questions

質問1 準備中

質問1の答え (準備中)

質問2 準備中

質問の答え (準備中)

質問3 準備中

質問の答え (準備中)

質問4 準備中

質問の答え (準備中)

OUR PARTNERS

Event is supported by easily recognisable companies and products which we use everyday.

ACCESS

Shuttle bus

シャトルバス : 30分おきに1本 (各停留所は上記マップを参照してください)※フェスチケットまたはリストバンド提示で乗車可能

時刻表はコチラ

location-icon

ADDRESS

主催 | 雲仙青年観光会

運営 | UNZEN△FES実行委員会

長崎県雲仙市小浜町雲仙323−2−2

 

email-icon

CONTACT

unzen.sankaku.fes@gmail.com

https://www.unzen-sankaku-fes.com/

Tel 0957−60−4225

Fax 0957-60-4225

SEND US A MESSAGE

If you have any questions about the event, please contact us directly. We will respond for sure.






WE HOPE THE DAY WILL CLEAR UP!

back to top